「小さなお葬式」の家族葬はほんとに格安なのか・・参列者人数【15人】で計算してみた!

「小さなお葬式」の家族葬はほんとに格安なのか・・参列者人数【15人】で計算してみた! 葬儀・法要・法事

こんにちは!これからのお葬式と自然葬・永代供養に関する情報サイト管理人の山猫です。(@yamaneko_solar
今回は「3年連続葬儀数No.1」格安葬儀で有名な「小さなお葬式」さんが、本当に格安なのか・・・ホームページや、資料を基にして再確認してみました。

確かに!家族葬にかかる平均費用が約96万円※とか言っている時に、家族葬が438,900円(税込み)でお葬式が出来るなんて信じられないよね。

※ 家族葬の平均費用は、鎌倉新書が行った第4回「お葬式に関する全国調査」の家族葬の推移を参考にした

山猫
山猫

よーく資料を見ていくと・・・

すべての金額が含まれていない事がわかったのだ。

この記事では、じゃあ一体どのくらいの予算があればいいの?という事を解説していくよ!

この記事は、2021年3月の小さなお葬式HPの価格およびサービス内容をもとに算出しています。サービス内容の変更及び価格の変更が行われる可能性があります。あらかじめご了承ください。
スポンサーリンク

今回は、「小さな家族葬」プランを取り上げます!

小さなお葬式さんでは、火葬のみを行う、「小さなお別れ葬」から、一般的な葬儀スタイルである「小さな一般葬」までいくつかのプランがあるのですが・・・

この記事では、最近主流になりつつある、家族や親類や近しい友人の参列を想定した「小さな家族葬」を取り上げます。

家族葬ってどれくらいの参列者を想定しているのかしら?

実は、家族葬の場合、何人までの参列者という決まりはないそうです。。でもそれでは話が進まないので、この記事では・・・

安心葬儀さんの2019年調査データ「家族葬の参列人数のデータ」より、回答の最頻値(11人~20人 33%)の中間をとって・・・【15人の参列人数】で計算することにしました。

では、小さなお葬式の「小さな家族葬」についてもう少し詳しくご紹介します。

山猫
山猫

小さな家族葬は、

お通夜

・葬儀

・告別式

・火葬

という、伝統的な方式。最近では沢山の人が参列する一般葬よりも、家族葬が多くなっているんだって!

さて、小さなお葬式の「小さな家族葬」の価格はと言うと・・

小さな家族葬1

小さなお葬式HPより説明ため引用:https://www.osohshiki.jp/plan/kazokusoh/

事前相談・資料請求+アンケート回答をした場合 約44万円(税込み)という価格が提示されています!

山猫
山猫

平均で110万円とか言っている時に44万と言われるとちょっとびっくりだね!

では、もう少し詳しく見ていきましょう!

その前に家族葬(参列者15名)の平均費用についてもう少し深掘りする

家族葬の平均費用は、この記事の最初に書いた通り約96万円なわけですが、この費用は、あくまでもお葬式をするための費用で、宗教者様へのお布施や、返礼品などは含まれていません。

ただ、参列者の人数が10人~20人程度の規模のお葬式の場合、返礼品の金額はあまり気にならないかもね!

でも、気になるのは、宗教者様へのお布施ですよね。。。家族葬は、お葬式の規模は小さなものですが、読経の回数は、一般葬と変わりませんので、宗教者様へのお布施の金額は、一般葬と同じと考えます。

第11回「葬儀についてのアンケート調査」日本消費者協会調べによると・・・

お葬式のお布施金額が全国平均は、約47万円。

その他にかかる費用として、お通夜や精進落とし・返礼品などにかかる料金。。

お料理や返礼品にかかる料金は、地域によってかなり変動がありますので一概には言えないのですが、、15名程度の参列者を想定した場合、5万円~15万円程度となるようです。(※以下この記事では真ん中をとって10万円として話を進めます。)

つまり、参列者15名の家族葬を執り行うとすると、必要となる費用は・・

96万円+47万円+10万円=153万円

山猫
山猫

規模は小さいのに、費用は結構かかるんだなあ。。

改めて、「小さな家族葬」を詳しく見てみよう!

さて・・・「小さな家族葬」について詳しく見ていきましょう!

なんだか金額が随分違っているけど大丈夫かな?

実は、小さな家族葬で提示されている44万円と言う数字。。この数字には少しカラクリが!

 

小さな家族葬の提示価格は、お葬式の費用のみ!

最初に書いておくと・・・小さなお葬式の「小さな家族葬」は、葬儀社に支払う費用のみが書かれていて、お坊さんにお支払いするお布施や、料理など飲食にかかる費用は含まれていないのです。

子ども猫
子ども猫

という事は、、比較するのは、家族葬の総額の平均153万円ではなく、葬儀にかかる平均費用96万円という事だね!

山猫
山猫

そう言う事!さらに調べていくと、

追加でかかる費用についての記載があるよ!

 

「小さな家族葬」の提示価格には、火葬料は含まれていません。

 

子ども猫
子ども猫

確かに火葬料金は別途お客様負担になります!

と書かれているね。

なぜ、火葬料金を基本料金に含めないかと言うと・・・火葬料金は、利用する火葬場によってかなり違うからです。

 

例えば・・・

  • 山猫の地元の火葬場の場合:その土地に住んでいる人だったら火葬料は無料!
  • 東京23区の火葬場:火葬料金は4万円~7万円程度

山猫が調べた所、火葬料金は 無料~7万5千円の間。都市部の方が高い傾向あり。という事がわかりました。

火葬料金は、住んでいる地域によって大きく異なっているので、全国展開している小さなお葬式さんの場合、火葬料金をプラスした金額を提示することが出来ないのです。

確かに!これだけ違うと、火葬料金を入れてしまうと、この価格!とは言えなくなっちゃうね。。

 

 

葬儀会場によっては、追加料金を取られる事も。。

実は、「小さな家族葬」には、プランの中で、10万円分の葬儀会場使用料が含まれています。

山猫
山猫

10万円分の会場使用料か。。。この金額で、会場使用料が賄えるのなら良いのだが。。

小さなお葬式の公式サイトによると・・・約95%のエリアでは、追加費用がかからずにご利用できる式場があります!と書かれています。

 

という事は逆に言うと

  • 5%のエリアでは、問答無用で追加費用が掛かるという事。
  • 残りのエリアでも、式場によっては追加費用が掛かるという事

がわかります。。特に都市部では式場利用料が比較的高額になることがあるので、予算オーバー → 追加料金という可能性がありそうです。

子ども猫
子ども猫

会場によって大きく価格が変わりそうだよね。。

郊外や田舎では会場を選べば追加料金なしで住む可能性が高いって事だね。

 

 

その他追加費用が掛かる要素。

  • 寝台車および霊柩車での1回の移動距離が50kmを超える場合
  • ご遺体の状態が良くない場合
  • 葬儀までの時間が5日以上あいてしまった場合
  • 火葬場の控室を使用した場合

など、標準的な見積もりに含まれていない事態が発生した場合に追加料金が発生します。

子ども猫
子ども猫

家の近くではなく、旅先で亡くなった場合などは、移動距離が50km以上になる場合ありそうだね。。

さて・・・ここまで小さなお葬式の「小さな家族葬」プランの追加料金について列挙したわけですが、、会場をあまり華美にしないで、特別なオプションを使用しなければ、ホームページに記載されている料金と大きく変わらないという事がわかりました。

子ども猫
子ども猫

火葬料などを追加したとしても、全国平均値よりは安くなる可能性が高そう!

候補に入れる価値はあると思うよ!!

もう少し詳しく、小さなお葬式「小さな家族葬」プランについて知りたい方は、こちらのリンクより、小さなお葬式公式ホームページに移動して、詳細を確認してください。

子ども猫
子ども猫

資料請求も生前相談も無料だから安心してね!

山猫
山猫

というか、資料請求すると、葬儀料金が割引になるから、無料よりもさらにお得なんだけどね。。

 

お坊さんの手配も「小さなお葬式」で一緒に出来ますよ!

さて・・お葬式にかかる費用については、大体見えてきたので今度は、

「お坊さんへのお布施」について!

前提として、「菩提寺がある場合」は、菩提寺にご相談するというのが基本。

山猫
山猫

お寺の檀家になっている場合は、お寺に相談しましょう。

でも、最近多いのが、どこのお寺の檀家にもなっていないという場合。これだけ人の移動が多くなった現在、お寺さんとつながりが無くなってしまった人がとっても多いのです。

檀家さんだったら、相談するお寺があるけれど、知り合いもツテもない人だとどうすれば良いのか分からないわね。。

そんな方のために、小さなお葬式では、「お葬式の寺院手配」サービスを行っています。

お坊さんの手配費用は、小さな家族葬の場合・・・180,000円

この金額の中には、お通夜から火葬までの読経費用と、戒名授与費用が含まれています。

さらに・・・僧侶の交通費・御膳料・心づけも含まれていますので、この金額以上のお布施を支払いする必要はないとの事。

山猫
山猫

戒名は一般的な信士・信女・釋・釋尼のいずれかが授与されるとの事だよ。

お葬式におけるお布施の相場が約47万円と言っているのに・・・18万円で済むのなら助かるなあ。

通夜振る舞い 精進落としなど

お料理にかかる費用は、小さなお葬式を利用したからと言って、大きく変わるわけではありません。

参列者15名程度のお葬式であれば、合計10万円程度と見積もっておけば大きな違いはなさそうです。

 

まとめ

いろいろ調べた結果・・・小さなお葬式の「小さな家族葬」を使うと、家族葬の全国平均価格よりもかなり安い費用でお葬式が行える場合がる事がわかりました。

子ども猫
子ども猫

火葬料金や、ホールの代金、寝台車の利用距離など、追加費用かかる場合があるから、ホームページで提示されている価格でお葬式が出来るわけではない点には注意だよ!

ただ、「小さなお葬式」には、事前に葬儀を予約することで、葬儀料金が割安になる早割や、資料請求やアンケート回答をすることで割引となる制度がありますので、それらを上手く活用することで、かなり割安で葬儀を行う事が出来る可能性があるのです。

山猫
山猫

火葬料金については、住んでいる地域の火葬場のHPで調べられる事が多いよ!

どのくらいかかるのか、事前に調べておくといいね!

お葬式の相場ってほんとにわかりにくいですよね。。公式の統計もなかなか見つからないし、それらしい統計が見つかっても、平均値しか書いていなかったり。。

だから、地元の葬儀屋さんに相談に行く場合でも相談前に、ネット葬儀社だったらこのくらいの相場なんだ。。という相場観を付けておくことが大事。

ちなみに、このブログで紹介している4つの葬儀社。。微妙にプランの中身が違っていたり、サービス内容が違っていたりします!詳しくは、公式HPより資料請求して比べてみてくださいね!

心に残る家族葬 葬儀コンシェル

以上最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました